季節の変わり目に肌が荒れる原因

季節の変わり目は寒暖差が激しい時期と言われています。 この温度の差が知らず知らずのうちに身体にストレスを与え、肌荒れが発生しているのです。

美容業界ではヒートショックプロテインと言われている生体反応があります。 これは急激に温めた肌はストレスを感じ、傷んだ細胞を修復するためにたんぱく質を沢山生成します。 この反応を利用した美容法が存在します。 しかし季節の変わり目によって感じるストレスはこれがマイナス要素として現れた結果、肌荒れが起こるのです。

この様な症状が特に起こりやすいと言われているのは、3月から4月と言われています。 特にこの期間は進級や進学、転職活動など環境による変化も多いので特にストレスを感やすいので肌に関して注意が必要です。

この時に起こる主な症状は、肌に炎症が起こります。 ほかにもニキビや乾燥肌など個人差がありますが、これらの肌トラブルが起きた場合、原因は季節の変わり目によるストレスだと判断して間違いないでしょう。 対策としては肌荒れ対策用のものや敏感肌用に切り替えると良いでしょう。 これらの商品はセラミドなど肌を守る成分が配合されているので、炎症が起きる前に使用することで対策出来ます。